サプリメント

ニキビ跡をどうにかしたい!

ニキビ跡を残さないためには、そのことについて知ることが大切です。
ニキビができてしまったからといって、決してそれを潰してはいけません。
早く治したいからといって、潰してしまう方がとても多いようですが早く治ったとしてもその跡の原因になってしまうので注意しましょう。

まずニキビというのは毛穴が炎症を引き起こしてしまっている状態です。
細菌や皮脂が原因で炎症を引き起こすのです。
毛穴に汚れや皮脂が詰まってしまうことでもこれができてしまいます。
そうすると細菌の繁殖も増えてしまいます。

汚れや余分な皮脂を洗顔でしっかり洗い落とすように心がけましょう。
これはホルモンのバランスにも関係しています。
ホルモンのバランスが崩れてしまったり、安定しないことで引き起こしてしまっている可能性もあります。
寝不足やストレスが原因でホルモンのバランスを崩してしまわないように気をつけましょう。

アルコール(お酒)をたくさん飲む方はホルモンのバランスを崩しやすいので注しましょう。
それができる原因になるだけではなく病気の原因にもなってしまいますのでアルコールの摂取のしすぎには要注意です。
皮脂の分泌が多く、肌がベタベタするという方もいらっしゃると思いますが気になるからと言って洗顔をしすぎるのはよくありません。
必要な皮脂までも洗い流してしまうと肌が乾燥してしまい、余計に皮脂を分泌させてしまう原因にもなるからです。

皮脂のベタベタが気になる場合は洗顔料で洗い落とすのではなくティッシュなどで軽く取り除く程度にしましょう。
ニキビ跡の原因ですが、このような場合もあります。
白ニキビを潰してしまい、空気に触れた部分が黒くなるということです。
ニキビを潰してしまうことはニキビ跡の大きな原因になってしまうのです。
決して潰さずに治すようにしましょう。

ニキビ跡ができてしまっても過剰に気にする必要はありません。
あまり気にしてばかりいるとストレスになってしまったりホルモンのバランスを崩してしまうことにも繋がってしまいます。
メイクや汚れをしっかり洗い落とし、清潔な肌を保つということと食生活の乱れがないかなども確認してみることでニキビ跡を解決することができますしニキビができてしまわないように予防することにも繋がります。

このページの先頭へ