サプリメント

乾燥肌とオイリー肌、ニキビへのなりやすさの違いは?

「乾燥肌」と「オイリー肌」どちらもニキビができる原因を持っています。
正直、どちらの肌も同じようにこれができやすいのです。
それぞれの肌のできる原因を知ってみるとニキビができる共通点があることに気がつきます。
それぞれの肌のできる原因と予防法をご紹介いたします。

「乾燥肌の場合」
まずは、乾燥肌の場合なのですが肌が乾燥してしまっていることができてしまう一番の原因です。
乾燥肌の方の中には「オイリー肌の方がこれができやすい」と思っている方が多いようなのですが実はオイリー肌よりも乾燥肌の方がニキビはできやすいです。
肌が乾燥することによって、肌はその乾燥を補うために皮脂を分泌しようとします。

この皮脂がニキビの大きな原因なのです。
肌の乾燥がひどくなるほどに肌は皮脂を分泌しようとしますから、過剰に皮脂が分泌されてしまい余分な皮脂が毛穴に詰まって細菌や汚れと交じり合うことでニキビの原因になってしまいます。
乾燥肌の方がニキビを予防する方法は、とにかく肌を乾燥させないことです。

余分な皮脂の分泌を防ぐことで解決できます。
肌を乾燥させないためには「保湿」が重要なのですが洗顔後、化粧水で十分に肌に水分を与え、その水分が肌から出てしまわないように乳液やクリームなどの油分が多い化粧品で蓋をします。

「オイリー肌の場合」
ニキビの大きな原因は「過剰な皮脂の分泌」です。
オイリー肌の方は皮脂の分泌が多く、肌がベタベタしてしまっていることが多くあります。
余分な皮脂が毛穴に詰まってしまうことでニキビを引き起こしてしまいます。
しかし、洗顔をしすぎてしまうと逆に乾燥肌の原因になってしまいますので皮脂を取り除きすぎることもよくありません。

オイリー肌の方は皮脂が多く分泌されてしまっている原因を探ることでニキビを予防、解決することができます。
過剰な皮脂の分泌の原因として多いのは「食生活の乱れ」です。
脂っこい食事が多かったり、お菓子などを食べ過ぎてはいませんか?
オイリー肌の方の場合、食生活を正すことで肌のベタベタやニキビを解決できることが多くあります。

このページの先頭へ