サプリメント

ニキビが出来たらメイクはNG?

女性であればニキビがあってもメイクはしたいものですよね。
これがあるお肌を見せるのは恥ずかしいという方はこれを隠すためにメイクをするでしょうし、しっかりニキビを隠すことのできるメイク術まであるんです。
その上からファンデーションなどをぬることで悪化してしまうのではないかと思われているかもしれませんがニキビをメイクで隠したいのに我慢していることでストレスになってしまいそれこそが悪影響を及ぼしてしまいます。

その上からメイクをすることよりもストレスを感じてしまうことの方がニキビを悪化させてしまうのです。
女性の場合、ホルモンの変化によってニキビなどの肌荒れを引き起こしてしまうことが多いのですがストレスはホルモンのバランスを崩してしまう原因です。
メイクをせずにいることがストレスになるようであれば思い切ってメイクをしてしまった方が良いのです。

リキッドファンデーションを使用されている方も多いかと思います。
伸びが良く、肌の乾燥も防いでくれますし、毛穴がしっかりと隠れることで人気のファンデーションです。
しかし、このリキッドファンデーションは油分が多く含まれているためこれがある肌には使用しない方が良いのです。

油分はニキビ菌の繁殖を促してしまいますし、新たなものを生みだしたり今あるものを悪化させてしまう可能性があります。
その部分だけでもパウダーファンデーションを使用することをオススメします。
油分の多いリキッドファンデーションと違いパウダーファンデーションはクレンジングの際にも落ちやすいのでメイク汚れの落とし残しも減らすことができます。

メイクをしないことでストレスを感じてホルモンのバランスを崩してしまうくらいなら思い切ってメイクをしてしまった方がこれを悪化させないためにも良いのですがファンデーションなどニキビに直接使用するものは薄く使用するようにしましょう。
メイク汚れを残さないためにも、お肌にかかる負担を減らすためにも薄いメイクが良いのです。
ニキビは寝ている間にも増え続けるものですからメイク汚れを残したまま寝てしまうとニキビ菌の思うツボです。

メイク汚れや毛穴のファンデーションなどをクレンジングでゴシゴシと落としお肌が傷ついてしまうのが心配であれば半身浴などで汗をかき、毛穴の汚れや老廃物を排出するという方法もお肌への負担を減らしながらケアできる方法です。
ニキビの上からメイクをすることが悪いというわけではありませんがしっかりメイクを落とすという事とケアを忘れずに。

このページの先頭へ