サプリメント

ニキビの場所によって対策は違う?

ニキビができてしまう原因は様々です。
できた場所によって原因や対策に違いがあるのです。
それぞれの原因と対策方法をご紹介いたします。

「おでこ」
おでこににきびができてしまう方はとても多いのではないでしょうか。
大人になってからも吹き出物ができやすい部分でもあります。
目立つわけではないけれど、おでこがザラザラしているという悩みを持つ方も多いようです。
おでこのものの原因は、シャンプーやコンディショナーなどのすすぎ残しや前髪がおでこに当たることで炎症を起こしてしまったり胃腸に不調が起きていることが原因のようです。
シャンプーなどをキレイに洗い流すことと食生活に気をつけることで解決できます。

「鼻」
鼻にできるにきびは汚れが原因になっていることが多くあります。
汚れや余分な皮脂が毛穴に詰まってしまっている可能性がありますのでメイクや汚れをしっかり落とすように洗顔することで解決できます。
鼻にニキビができてしまったときはメイクを控えるようにしたり脂っこい食事を控えるようにしましょう。

「頬」
頬にニキビができるのは男性が多いのですが、男性ホルモンが大きく関わっています。
女性の場合は便秘が原因であったり、糖分や脂質の摂りすぎ、胃腸に炎症が起きているなどが原因になっている可能性があります。
食生活を見直すことで解決することができます。

「口の周り」
口の周りにできるにきびはビタミンが不足していることが原因の場合がとても多くあります。
ビタミンを摂取することで解決できます。
また、暴飲暴食をしているなど食生活が乱れていることが原因の場合もあります。

「あご」
あごにできるニキビは、女性の場合ホルモンの乱れが原因の可能性があります。
生理の前、男性ホルモン分泌されることで引き起こります。
また、メイク汚れが残ってしまっていることでにきびができる場合もありますのでメイクはしっかり落とすようにしましょう。

あごのニキビは寝不足やストレスによっても引き起こされます。
にきびができる場所によって原因は様々なのですが共通して言えることは「食生活に原因がある」ということです。
ほとんどのニキビが食生活を正すことで解決できます。

このページの先頭へ